デジタル地の塩

校長通信

2019/04/08
皆さんと共に歩む2019年度

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。そして、新2年生・3年生の皆さん、進級おめでとうございます。
新しい年度、2019年度が始まりました。今年度は、新入生151名、新2年生128名、新3年生149名、全校生徒428名でのスタートとなりました。
先日、近江兄弟社中学校が大切にしていることを、新入生オリエンテーションで新入生の皆さんに、お話しました。そして今年度の始業にあたって2年生、3年生の皆さんにもお伝えし、協力をお願いしたいと思います。
大切にしていることの1つ目は、「近江兄弟社中学校は皆さん一人ひとりを大切にする教育をします」です。学園訓「地の塩・世の光」は、皆さん一人ひとりがかけがえのない存在、大切な存在として、私たち教職員は皆さんと向き合い、教育に当たります、という決意の言葉でもあります。
皆さんを大切にするということは皆さんとしっかり向き合うということです。皆さんが頑張った時は褒め、一緒に喜びます。皆さんが困っているときは、助け、支えます。皆さんが過ちを犯したときは、ちゃんと叱って、何が間違っていたかをしっかり教えます。
大切にしていることの2つ目は「落ち着いた学習環境・生活環境を作ります」です。近江兄弟社中学校の良さは何でしょう。
本校には、勉強や行事、クラブ活動、様々な場面でいきいきと取り組む生徒の皆さんの姿があります。そのような姿を支えているのは本校の環境だと思います。
建物や設備、様々な教育内容、そして生徒や教職員、それらが作る環境がかもし出す安心感が本校の良さではないかと考えています。
安心して学べる、安心して失敗ができる、安心して相談できる、安心して過ごせる、そんな学習環境、生活環境をさらに充実させていきたいと思います。しかし、教職員だけでは作れません。生徒の皆さんの力が必要です。協力をお願いします。皆さん一人ひとりが周りの人たちの良い環境となってい欲しいと思います。
皆が周りの人のことに心を配ることで近江兄弟社中学校の良さをさらに高めることができます。その良さの中で、皆さんがさらに力一杯様々な事に取り組み、チャレンジしてくれることを願っています。
今日から新しい年度が始まります。共に学び、共に過ごす仲間と協力し合いながら、皆さん一人ひとりが、自分らしく、「いのち」を輝かせる一年にして欲しいと願っています。

ページトップへ
学校法人ヴォーリズ学園 近江兄弟社中学校 EVENT MOVIE
学校法人ヴォーリズ学園 近江兄弟社中学校 EVENT MOVIE
ページトップへ