Topics

Topics

2018/07/23
大阪電気通信大学物理学実験講座

7/23(月)、高校2年生「物理基礎」の授業の一環として、希望者13名で本校の連携協定校である大阪電気通信大学工学部基礎理工学科の物理学実験室をお借りし、重力加速度を求める実験を行いました。

180723-1

高校にはない精密な設備が使えるため、ほとんどのグループが9.8[m/s2]に非常に近い値を得ることができました。

180723-2
午後は施設見学として、「3D造形先端加工センター」を見学しました。日本にもまだそれほどの台数がないと言われている最先端の工作機械等を見せていただき、どのような仕組みでどのようなものを作ることができるかを学びました。

180723-3
参加した生徒たちからは次のような感想が寄せられました。

・中々精密で本格的な実験ができたことがとても嬉しく思います。

・実験の理由を見つけやすくなったような気がします。

・重力は物理の中でも最初の方で習い、求めたけど、よい機材を使って正確に出来たのが良かった。

・誰にでも分かるような実験で楽しくできました。

・なかなか出来ない体験が出来たということと、普段取っ付き難いと思っていた物理に対してこの実験を通して少し身近に感じられたり、面白さがわかったような気がして楽しかったです。

・この大学に行きたいと思った、この夏ほんきで勉強頑張ろうと思った。

・実践的な施設が多く、そこで実習する人は確かな経験を得られると思いました。

・削っての加工も、3Dプリンターも詳しくは初めて見たので、とても面白かった。

・機械の事など全く興味が無かったですが興味を持てた。

・間近ですごい機械が見られたり、手に触れて違いを感じられて、とても楽しかったし、貴重な体験ができて嬉しかったです。

大学でしか経験できない、とても有意義が時間を過ごすことができました。大阪電気通信大学工学部基礎理工学科の物理学実験室の皆様ありがとうございました。

ページトップへ
学校法人ヴォーリズ学園 近江兄弟社高等学校 EVENT MOVIE
リオデジャネイロオリンピック銅メダリスト 乾 友紀子氏と校長 藤澤 俊樹の対談リオデジャネイロオリンピック銅メダリスト 乾 友紀子氏と校長 藤澤 俊樹の対談
学校法人ヴォーリズ学園 近江兄弟社高等学校 EVENT MOVIE
ページトップへ