Topics

Topics

2018/04/19
アーツサイエンス(ASC)・グローバルクラス(GLC)一泊研修

4/17(火)~4/19(木)、アーツサイエンス(ASC)・グローバルクラス(GLC)はそれぞれ2グループに分かれ、一泊研修に出かけました。ASCはこれからの学びの基礎となる、意見を出し合うトレーニングを中心に構成されたプログラムを受講しました。 アイデアを拡散し、協力して収束させる、そしてその経過を振り返ることで思考の深まりを実感していきました。
GLCはお互いの特徴を名刺を使って紹介し合い、新しい友人と出会う機会が多くありました。勉強の仕方を学んだり、協力することで得られる達成感を感じる学びを経験しました。最後は、班で協力して火起こしから全て自分たちで行うカレー作りに取り組みました。今回の経験をこれから始まる高校生活に活かしてほしいと思います。

180419

~参加生徒の感想より~

<ASC>

私が合宿に参加して、学んだことはコミュニケーションの大切さです。元より大切だということは分かってはいましたが、改めて痛感させられました。何故なら、コミュニケーションを自ら進んでとらねば、会話に参加しづらくなったり、意見が言いづらくなったりするからです。それに、仕切っていないと参加していない人に「参加して」や「意見を言って」などと促すことが出来ないからです。この合宿で私が出来なかったことは、二人組でポスターセッションの発表をする時に相手とコミュニケーションをとりながら発表することが出来なかったところです。一回目はコミュニケーションをとりながらの発表も、大きな声を出すのも、相手の目を見て話すのもすべてきちんと出来ませんでした。私はこの一回目の失敗を反省して、二回目に繋げました。ここが私の中で出来たところだと思います。これは自意識過剰かもしれませんが、私は質問の受け答えを自ら進んで出来たと思っています。このような事が出来、私はこの合宿に参加してよかったと思っています。

<GLC>

「絶対仲良くない、知らへん人とやし、あんまり楽しみやない…」というマイナスな気持ちと、仲良しの人が増えるかもしれない!という期待で複雑な気持ちのまま出発しました。
出発しても固定の仲の良い人としか話すことがなく、不安が多かったけど、エピソードクイズのおかけで、いろんな人との距離がすごく縮まりました。仲の良い人はもちろん、自動的に一緒になって初めましての人とも沢山話すことができて、いろいろと知ることができました。知らない人と話し出すのにはあまり人見知りではない私でも勇気がいることだけど、きっも相手も同じ気持ちだろうと思って積極的にいけたし、相手にどんな印象を与えたかは分からないけど有意義な時間でした。
ほかにも、多くの人とコミュニケーションを交わしたけど、友達の話も先生方の話も同じで、やはり大事なのは「聞くあいうえお」で自分が話している立場の時に相手が聞いてくれてないと寂しく感じたし、せっかく心の距離が縮まった人に対しても、誰に対してでも、同じように思わせないよう心がけたいです。まだ始まったばっかりの学園生活だけど、不安のある交友関係に、覚えきれてない校歌、中学とは全然違う学習の仕方など、合宿を通して身をもって学ぶこと感じることが沢山あったので、頑張っていこう、楽しんでいこうと強く思いました。

 

ページトップへ
学校法人ヴォーリズ学園 近江兄弟社高等学校 EVENT MOVIE
リオデジャネイロオリンピック銅メダリスト 乾 友紀子氏と校長 藤澤 俊樹の対談リオデジャネイロオリンピック銅メダリスト 乾 友紀子氏と校長 藤澤 俊樹の対談
学校法人ヴォーリズ学園 近江兄弟社高等学校 EVENT MOVIE
ページトップへ