Topics

単位制

2017/11/10
進路学習-こども園・病院・老人ホーム・スーパーで職場体験-

11月10日(金)、1回生全員が職場体験に参加しました。スーパーでは商品整理などの作業場を見学しました。こども園では、保育士さんの指導を受けて、積極的に園児と関わる姿が見られました。

171110-0

生徒の感想・お礼
*老人ホーム
・体操やゲームなどは、リハビリをしながら楽しめるように様々な工夫がされていることを知りました。職員の方も、皆さんの笑顔を引き出すような声掛けをされていて暖かく楽しい空間がつくられていました。また、福祉の仕事といっても様々な職種があり、それぞれの役割を分担されていることがわかりました。お年寄りの方の最適な手助けというものを考えられているんだなと思いました。

・緊張してあまり話せなかったのですが、利用者の方がやさしく話しかけて下さってとても話しやすかったです。また、様々な話を利用者の方がして下さって聞くのがとても楽しかったです。後、職員の方もあたたかく見守って下さり、とても楽しい時間となりました。

・職員の方が場を盛り上げておられるのを見て、すごいなと思いました。また、話を聞いているだけでも喜んで下さる方がいるということを聞いて、自分にもできることがあるかもしれないと思いました。今では元気でパワフルな人しかできない仕事だと思っていましたが、イメージが変わりました。

・はじめ、僕はお年寄りの方々とうまく会話できるか心配になりましたが、実際向き合ってみると、優しく、明るく接して下さったので安心しました。それまで考えていた不安なども消えて、心が落ち着きました。少しの時間しか付き合えませんでしたが、介護は高齢者の方と向き合い、誇りに思える仕事だと思いました

*病院
・少子高齢化が進む中で看護をする人が減ってきている事にとても驚きました。事務員さん達の責任が重大で、資料提出の締め切りやたくさんのことをしているのでとても大変だなぁと思いました。

・病院でもどこでもチームワークや集団で助け合って働いているということにとても感動しました。どのような立場(医師・看護師など)でも、患者さんの喜びや笑顔を求めて仕事をしているんだなぁと思いました。

・病院の中にも様々な種類の部署があり、たくさんの仕事がある。ケガの治療や入院患者の世話だけでなく、事務や受付なども病院全体に大きく関わっている。また、治療をする際は患者の意志や心の事も考えて行っている。入院されている方同士でふれあえるような場所もつくられているとわかった。

*スーパー
・どんなに能力があっても、熱意や考え方がなければ意味がない。食べ物によって作ったり、加工したりする部屋が違う事を初めて知った。店員さんが品出しをしている時に、とても大きな声で挨拶をしていて、すごいなと思いました。

・社会人としての責任、心構えを持って仕事をされている事を知り、まだまだ自分は子どもだなと感じました。また、どのような力が社会で求められているのかも教えて頂きました。「知識から実践できる力」だそうです。次に売り場に出て、働いておられる方にお話しを聞きました。様々な視点から商品の配置を考えておられたり、工夫をして気持ちよく過ごせるように営業されていたり、色々なことがわかりました。

*こども園
・2歳児ってどんなのだろうと思っていたけど、みんな自分の意志があって、たくさんのお友達がいて、いいなぁと思いました。たまにこっちを見たり、かまってときてくれたりするのが可愛くてたまりませんでした。幼稚園では楽しいというイメージがあるけど、先生たちはいつも忙しそうで、大変な仕事だなと感じました。子ども達が何に困っているのか、何で泣いているのかすぐ感じ取っているのがすごいなと思いました。小さい声で話す方が子ども達が聞き入ったり、手遊びでみんなを集中させたり、先生のテクニック等も学べて良かったです。

・やっぱり大変な仕事だけど、気まぐれだけれど天真爛漫な子ども達といる仕事は素敵だなと思いました。人を育てる事に関わる仕事にすごく興味がわきました。またいつかあの子達に会えたらいいなと思います。

ページトップへ
リオデジャネイロオリンピック銅メダリスト 乾 友紀子氏と校長 藤澤 俊樹の対談リオデジャネイロオリンピック銅メダリスト 乾 友紀子氏と校長 藤澤 俊樹の対談
ページトップへ