Topics

Topics

2017/04/20
ASC(アーツサイエンスクラス)1年生 オリエンテーション合宿

ASC(アーツサイエンスクラス)1年生オリエンテーション合宿

~これからの学びを見据えて過ごした24時間~

4月18日~20日、ASCの4クラスはそれぞれ2クラス合同で一泊二日のオリエンテーション合宿を実施しました。初日は教室で6時間の授業に通常通り取り組み、バスで合宿施設まで移動。翌日の3時ごろまでの24時間を仲間とともに生活し学びました。これからのASCにおける学びの方向を確認し、実際に考えたり討議・発表に取り組むなど、多彩な学習活動に熱心に取り組みました。以下、生徒の感想と写真で紹介します。

170421

~生徒の感想より~

★今までは、ただ漠然としたイメージしかなかったリーダー教育というものの形が、この合宿を通して見えてきました。それは、リーダーとして導く力だけでなく、協調性であったり発想力、発言力など多様なものです。共通するものがあるとしたら、それは“捕われないこと”だと思います。自分一人の偏った考え方に捕われず、様々な視点からものを見ること。今回の合宿での大きな学びとなったと思います。(女子)

★一泊研修で得た事は、視点を変えて物を見る力です。グループで様々な課題に取り組む中で、相手と異なる意見もよくありました。それでも、素直に受け入れて相手のことも理解できるようになりました。その人がどのように考えたのか、相手の立場に自分を置き換えて理解を深められるようになったような気もします。また、固定概念にとらわれず自分で想像力を膨らませる力も身に付きました。このようにいつもと違う視点で考えることは、とても難しかったが新しく得た力でもあります。これからの学校生活に生かしていきたいです。(男子)

★この合宿でグループ討論など、クラスの人と喋る機会がたくさんあり、気軽に話せる友達がたくさんできました。また、高校生になり、ニ年半後には大学受験があること、そして、アーツサイエンスクラスの一期生という強い意識・・・。今日、色々な先生の話を聞いて、大学への受験は1年から始まっているのだなということやアーツサイエンスの一期生としての自覚を改めてもてました。(男子)

ページトップへ
リオデジャネイロオリンピック銅メダリスト 乾 友紀子氏と校長 藤澤 俊樹の対談リオデジャネイロオリンピック銅メダリスト 乾 友紀子氏と校長 藤澤 俊樹の対談
ページトップへ