Topics

Topics

2017/02/16
京都外国語大学デー

2/16(木)の「京都外国語大学デー」は、生徒27名が参加して行われました。
始めに入試センターより大学入試制度や大学での学びについて説明をしていただきました。新設予定の学部の目指す教育理念等も聞けて、参加した生徒の中には早速、興味を持った人もいたようです。また今後の入試改革に向けた取り組みにも真剣に耳を傾けていました。
その後、在学生2名も参加し、大学での生活の様子や学習について話を聞きました。感想文の中にも、「学習に対する取り組む姿勢や学ぶ目的について考える機会を与えられて良かった」「生徒目線での在校生の本音が聞けて、とても身近に大学を感じることが出来た」等の意見が多くありました。

続いて、国際教養学科長のCreig Smith先生による「 World Heritage and Tourism Project -世界遺産と観光プロジェクト-」と題した模擬講義が行われました。Creig先生は、これまでに何回も本校で模擬授業をしていただいたり、またICCを対象としたサマーセミナーでも講義をして頂いています。Creig先生はいつも学生を巻き込んだ大変楽しい授業をされ、近江兄弟社の生徒の中にはCreig先生の授業を楽しみにしている生徒もいます。今回の講義でも在学生も参加した小グループに分かれての討論等、普段とは違ったアクティブな講義が展開され、あっという間に時間が過ぎました。大学デー終了後も1時間近く個別相談に対応していただき、参加した生徒にとっては大変有意義な時間となりました。

 

170216

 

ページトップへ