Topics

単位制

2016/12/09
単位制 「ようこそ先輩」-先輩から後輩へ伝える進路選び-

12月9日(金)、単位制3・4回生の5名が自分の進路選びと高校生活のアドバイスを後輩たちに語りました。
語ってくれた5名は、入試には指定校推薦・AO入試・公募制推薦など様々な方法があることや、いつから進路を考え始めたか、オープンキャンパスには何回参加したなど、具体的なアドバイスもしてくれました。
また、「入試で必要な科目と合格した大学で学ぶ科目は違う」「1回生で学ぶ数学は大切」「自分の長所を考えておく」「困ったときに周りの人に助けを求める」「家族や友達に応援してもらう」「苦手じゃ無いことを生かしていく」など、体験に基づくリアルな話にも、後輩たちは深くうなづいていました。

161209

【 1回生の感想から 】
「今日は、先輩方の話を聞いてよかったと思います。何をしたらいいのかがよくわかっていなかったので参考になったのと、話を聞いていて私が少し行ってみたいと思えるところができたので本当によかったです。とりあえず、英語や数学などを追いつけるように頑張りたいです。」
「進路を決めるきっかけはいろいろあることが分かった。入試の方法や時期も様々であることが分かった。自分の知らなかった分野の学問の名前もたくさん出ていたので、それらについてきちんと知ってから決定したいと思った。自分の可能性を狭くしてしまわないように今のうちから将来を意識して過ごしていきたいと思った。」
「気になったオープンキャンパスに行こうと思った。」
「英語をがんばろうと思った。物理をやろうと思った。数Ⅲをやろうと思った。とても参考になった。」
「1年生のうちから単位を取っておかないといけないんだなと思いました。」
「勉強だけはした方がいいという言葉に胸が痛んだ。」
「単位制の先輩達の貴重なお話を聞けてとてもよかったです。学部学科・大学で選ぶのと、選んだ選択科目のサイエンスは異なることがある。まだまだ色々とくわしく聞きたいことがあるので、12月までに先輩に質問をしたいと思います。また、今回の4回生の先輩の話が、本当に貴重でした・」
「今、夢もないし、やりたいこともなくて、正直すこし焦っていました。だけど、先輩達の話を聞いて、あせらなくてもいいんだなと思えました。自分の好きなことを進路にしている先輩方は、とても輝いていてすごいと思いました。私も、今からやりたいことを見つけて進路を後悔しないように決めていきたいと思います。」

ページトップへ