クラス通信

2016年度 | 3年

2016/06/29
【J34】 「学ぶ」ということ

■J34 百花繚乱 第29号 2016/06/29

6月23日から約1週間。「沖縄慰霊の日」はNHKの9時のニュースでは予想以上に時間をかけた特集がされており、食い入るように見た。もちろん他の番組や新聞でも取り上げられていた。なぜ71年たった今でも過去を振り返っているのだろうか。『歴史』の学習が苦手な人もいるだろう。だが、私たちは過去の過ちや悲劇を繰り返さないためにも過去を学ぶ必要がある。小学生の頃にはわからなかった世の中のことが理解できるようになったり、教科のことが分かるようになってきたのも、すべて君たちが学んできた結果である。

今、君たちの目の前には「受験」というものが見えているだろう。壁のように感じている人もいるはずだ。何かわからず漠然とした不安に苛まれている人も多く見かける。しかし、それは君たちの行く手を阻む壁だとは言い切れない。新しい未来への扉でもあるはずだ。逃げようとするのではなく、恐れるのでもなく、自ら挑戦すべきもの、と捉えて共存できるようにしてみてはどうだろうか。
未来を歩むために、『知らなかったこと』『知らないこと』を学ぶことが必要であり、またその楽しみがある。そのことに気づき、前向きな学習に取り組んでほしい。

ページトップへ