クラス通信

2016年度 | 3年

2016/06/10
【J34】 今、大事にしてほしいもの

■J34 百花繚乱 第24号 2016/06/10

英語でも「Time is money.」ということわざにもあるように、時間というのは、誰にでも平等に与えられた、二度と取り返すことのできない、大切なものです。
そんな時間について、改めて考える日、それが時の記念日。
『漏刻を新しき台に置く。始めて候時(こうじ)を打つ。鐘鼓(しょうこ)を動す。』
天智天皇が日本で初めて日本で設置した水時計、“漏刻(ろうこく)”が時を刻み、鐘を打ち鳴らした。と日本書紀にあります。この日は、西暦に直すと、671年6月10日になり、このため、大正9年(1920年)に6月10日を「時の記念日」としました。近江の地で活躍した天智天皇。近江神宮に漏刻の模型があります。自分たちの地元に歴史の1ページを感じられるなんで贅沢ですね。

さた、大事にしてもらいたいものは「時間」。そして「隣人」です。今朝の全体礼拝でUくんのお話にもありましたが、“自分と同じように”愛することをしてください。自分がされて嫌なことを誰かにしてしまっていませんか?誰にとっても居心地のいいクラスにJ34がなりますように…。

ページトップへ