ICC News

ICCニュース

2018/04/02
春季短期留学 南京コース①

春休みの1週間、南京へ短期留学に行きました。一応、近江兄弟社高校の生徒全体が参加できるコースとなっていますが、今年度は中国語学習経験者のみを対象にした先行募集で定員がいっぱいになりましたので、参加者は全員ICCの中国語選択者となっています。

訪問先は、南京外国語学校。こちらからは秋の研修旅行でも訪問したり、南京からは中期留学生や先生の派遣が行われたりと、たくさんある姉妹校の中でも特に濃いお付き合いをさせていただいている学校の一つです。

今回の度は、できるだけ“観光ツアー(全部学校や旅行会社がお膳立て)”にはならないように意識していました。そこで、まずは上海にて地下鉄移動。

1d776f13425f6651bf52da74e55cf0dc3ab6b598.01.2.9.2[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切符の購入も自分たちで行いました。日本とは違う、コインのような切符が出てきただけでも、みんなにとっては新鮮な驚きです。

 

そして、宿泊はホームスティ。南京外国語学校の日本語科の皆さんのお宅に泊めていただきました。

IMG_7741[1]

中国の方の普段の生活が見られたり、料理がとにかく美味しかったり(手作りの水餃子なんて本当に絶品です!)、そして、英語や中国語を駆使してホストファミリーのみなさんと交流をしたり。いつのまにか、たくさん中国のお友達ができたようで、みんな大満足していました。

さらに、中国での授業見学です。まずは、普段南京の生徒たちが受けている授業。

IMG_7844[1]

英語・日本語の授業ではその授業のレベルの高さに驚きました。また、ホストシスターたちは、家でも大変熱心に宿題に取り組んでいたそうで、そのあたりでも兄弟社の生徒たちは大きな刺激を受けたようです。

(その②に続きます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ
リオデジャネイロオリンピック銅メダリスト 乾 友紀子氏と校長 藤澤 俊樹の対談リオデジャネイロオリンピック銅メダリスト 乾 友紀子氏と校長 藤澤 俊樹の対談
ページトップへ