学園

国際部

2020/01/24
韓国昌原南高の生徒2名の修了式

1241

韓国昌原南高の生徒2名の修了式を行いました。修了式には、ホストファミリーの皆様、クラスメート、担任の先生方に出席していただきました。留学生たちは自分で作った日本語のスピーチで、本校での思い出と感謝の気持ちを伝えてくれました。

————————————————————————————————————————-

留学生のスピーチ

(キム君)僕は、日本の映画やアニメに出てくるような日本の学校生活をしてみたい!と思っていました。また日本の大学へ留学をするから、日本の授業を受けてみたいと思っていました。近江兄弟社高校での3週間は、ほんとに面白くて、すごく役に立ちました。初めてG26のクラスに入った時、韓国で出会った人も何人かいましたが、初めはすごく震えて、うまくクラスになじめるか不安でした。でもクラスのみんながあたたかくむかえてくれました。特に、バディくんが学校紹介など、たくさん僕のためにしてくれました。おかげで、友達ともだんだん親しくなり、学校生活にもなれてきました。

学校で少し過ごしてみると、近江兄弟社高校と昌原南高校の違いが分かってきました。韓国は、先生がとても厳しいけれど、日本は先生と生徒が親しくて楽しそうです。それぞれに良いところはありますが、私は日本の授業スタイルが好きになりました。また、経験してみたかった部活動も、たくさん見学させてもらいました。いろんな部活で快く受け入れてもらいました。弓道部では先生に正しい姿勢を教えてもらいました。ダンスも教えてもらいました。吹奏楽部ではドラムをたたかせてもらい、一緒に演奏をしました。バスケ部の皆さんも、一緒に練習してくれました。部活動でこんなにしてくれた友達たちに、ほんとに感謝しています。そして、ホストファミリーにとてもお世話になりました。料理を教えてもらって、一緒にとんかつを作ったり、家族みんなでボーリングと卓球をして、焼肉に行きました。本当にお世話になりありがとうございました。

最後に、こんな経験をできるようにしてくれた近江兄弟社高校と昌原南高校に心から感謝しています! ありがとうございました。

 

(ミン君)私は今回の留学で、一緒にくるキム君と「100人の友達を作ろう」と誓い合いました。しかし、そんなに簡単に、友達はできませんでした。1月7日、私はG27のクラスに入ることになりました。G27には、韓国に研修旅行に来てくれた時の友達が、一人もいなくて少し心細かったです。でも、心配は無用でした。すぐに隣に座っている人が「教科書ある?」とか「プリント見せてあげる。」と、親切に声をかけてくれました。いつもみんなが一緒にお昼ご飯を食べてくれました。みんなありがとう。教室を移動するとき、迷子にならないように一緒に行ってくれました。解らないことを、なんでも親切に教えてくれました。クラスのみんな本当にありがとう。弓道部、バスケ部、ダンス部、国際交流部、沢山の部活を見学させてもらいました。弓道部の集中して矢をいる姿は、とても格好良かったです。どの部の人たちも、自分のやりたいことに一生懸命取り組む姿を見て、私は感動しました。好きなことが自由にできる、ということは素晴らしいことです。

そして、私は2軒の家で、ホームステイをさせてもらいました。どちらのホストファミリーも、本当の家族のように暖かく迎えてくれました。韓国のことをよく知っていたお父さん、私も知らないような韓国の礼儀や作法の話をしてくれました。お兄ちゃんとは、ゲームで盛り上がりました。また、次のホストファミリーのお父さんに初めて会ったときは、あまりのスタイルの良さにビックリしました。日本に2人も、真剣なことや、面白いこと、なんでも話せるお父さんが出来て幸せです。楽しいお兄ちゃんができて幸せです。そしてさつきのお母さんもあやねのお母さんも、とても料理が上手です。私はお母さんたちの料理に惚れました。日本のそば、お好み焼き、うどん、焼きそば、その他にも、たくさんあります。焼きそばは、初めて食べました。目の前で、ジュウジュウ焼きながら、お肉がたっぷり入った焼きそばを、家族みんなと食べて、とても美味しかったです。韓国に帰ったら、夢に焼きそばが出てきそうです。毎日作ってもらった弁当にも驚きました。から揚げと魚、私の好きな食べ物ばかりが、たくさん入っていて、見た目も美しくて、とてもとても美味しかったです。お母さん、ごちそうさま、ありがとう。

私は韓国では、散歩を習慣にしていました。日本に来てからも散歩を続けることが出来ました。ホストシスターのさつきやあやねが、いつも私の散歩に付き合ってくれたからです。ありがとう!家族のみんなが、いろいろ配慮してくれたり、私のために世話をしてくれる姿を見て、本当に嬉しかったです。ありがとうございます。

クラスの人、部活で知り合った人、中学生、幼稚園児、兄弟社の先生方、今は、ヴォーリズ学園に友達が100人います。このホームステイが終わったら、私はまた3月に、滋賀県に引っ越してきます。その時に、G27の友達と遊びたいです。兄弟社のみんなとも、また会いたいです。本当にありがとうございました。心から感謝しています。

————————————————————————————————————————-

 

2人は、3週間の留学を終え、今週末韓国に帰国します。そして春からは再び日本での大学生活が始まります。近江兄弟社高校での経験を、これからの大学生活、そしてそれぞれの未来に活かしていってほしいと願います。

受け入れに関わって頂いた皆様、本当にありがとうございました。

1242

ページトップへ
ページトップへ