学園

国際部

2020/01/08
韓国姉妹校、昌原南高校からの留学生

韓国姉妹校、昌原南高校より2名の留学生が本校に来ました。

今日から22日まで約3週間、日本での学校生活を経験します。

ICCの生徒たちがホストファミリーとなり、学校ではグローバルコースのクラスに入り通常の授業を受けます。韓国でしっかり日本語を習得してきているので、日本語がとても堪能です!春からは日本の大学に進学することも決まっています。短い留学期間ですが、様々な経験を積んでほしいと思います。

kan

~自己紹介~

◆初めまして。韓国の昌原南高校から来ましたミンと申します。日本語に関心を持つようになったきっかけは、高校1年の時近江兄弟社に1日ホームステイをしたことです。その時から日本に関心を持ちました。そして大学を目指すようになりました。ホームステイのプログラムのおかげで、自分の夢に近づくことができました。今回の3週間を通して、日本語がもっとよく聞けるようになりたいです。

私は、写真を撮ることが好きです。他には自然や神社がすきなのでこの留学中に色々な所を訪れてみたいです。人と触れ合うことが好きなので沢山の友達をつくりたいですが、意外に内向的なのでなかなかうまくできません。さきに声をかけてもらったら反応はいいので気にせずに話しかけてください。1年生のときからの願いだった3週間のホームステイをさせていただいた昌原南高校と近江兄弟社に感謝しています。どうぞよろしくお願いします。

 

◆初めまして。僕は韓国の昌原南高校から来ましたキムと申します。高校2年生の時日本語に関心を持ち、日本語の勉強を始めました。そのうちに日本の大学に関心を持つようになり、僕が好きなことと関係がある大学を探して進学の準備をしました。

日本語を勉強しながら「あ、日本人と話したい」とか、「日本語の能力が向上したのかな」って考えていました。今回、昌原南高校から兄弟社高校で留学できる機会を与えてくれたので、凄く嬉しかったです。機会をくださった分、近江兄弟社高校で一生懸命勉強します。

近江兄弟社高校でしたいことは、日本の学校生活の経験もそうですが、部活動が一番したいです。二番目は人と話すのが好きですから、高校生の皆さんとたくさん話しをして、日本の友達をいっぱい作りたいです。留学の期間は短いですが、色々なことに精一杯チャレンジします。皆さんよろしくお願いします。

ページトップへ
ページトップへ