学園

国際部

2019/07/04
中国姉妹校 南京外国語学校 留学生 修了式

7月4日、中国姉妹校、南京外国語大学からの留学生の修了式を行いました。
約3ヵ月、本校での学校生活を経験しました。日本語が堪能な彼女でしたが、素敵なスピーチを披露してくれました。

「日本に来る前、3ヶ月間は本当に長い時間だと思っていました。でも、あっという間の留学生活でした。この3ヶ月間で、たくさんの人と出会いました。

3ヵ月間で3つの家族にお世話になりました。ホストファミリーは皆優しくて、何かわからないことがあったら、すぐ教えてくれました。 USJ、神戸、京都へ連れて行ってくれました。ドライブに連れて行ってくれました。毎日おいしい弁当を作ってくれて、いっしょに話してくれたから、私はだんだんここの生活に慣れてきて、緊張しなくなりました。

A22の皆さんと出会ったことは、本当によかったです。4月8日、自己紹介が終わってから、クラスの列の前で、あいさつしてくれて、ありがとう!桜の前で全員の写真を撮る前に、元気で「こんにちは」と言って握手してくれて、ありがとう!4月、私の周りに座っていた友達、いつも助けてくれて、ありがとう!授業中、ペアになって、毎日話しかけてくれて、ありがとう!毎日一緒にお弁当を食べてくれて、ありがとう!みんなは最初から、私をA22のファミリーの一員として受け入れてくれて、本当に感動しました。

日本に来る前、3か月も留学していたら、中国の勉強は遅れてしまうのではないか心配していました。でも、この学校に来たから、皆さんとの素晴らしい思い出ができました。しんどいことも、楽しいことも、絶対忘れられないです。勉強してきた標準語が関西弁に染まっても、絶対悔しくないです。みんなと出会えて、本当に良かったと思います。
最後に、11月の修学旅行で南京へ来る皆さん、私は南京で待っています!
ありがとうございました。」

修了式には、ホストファミリーの方々、ホストクラスの生徒たち、担任の先生にも出席していただきました。ホストファミリーからは、「いつも一生懸命な彼女に、元気づけられた。クイズ番組を一緒に見ると、一番に答えていた姿には本当に驚いた。素敵な思い出を本当にありがとう。」「留学をすると、イメージと違っていたり、学んだことと違うこともありますが、それを理解することが本当にその国を理解することなのではないかなと思います。この3ヶ月間、近江兄弟社で学んだこと、ホームステイをして学んだことを中国でも活かせるよう頑張ってください。これからのご活躍を期待しています。」というメッセージを頂きました。
留学生は、無事本校での留学生活を終了することができました。
受け入れに関わって頂いた皆様、本当にありがとうございました。

nankin

ページトップへ
ページトップへ