学校法人ヴォーリズ学園 近江兄弟社高等学校 EVENT MOVIE
image

リベラルアーツ教育

―近江兄弟社高等学校の人間教育―

本校ではリベラルアーツ教育を「幅広い知識と教養、文化的素養を身につけた人物を育成するための教育」ととらえ、豊かな教育プログラムを用意し、地域社会、国際社会に貢献できる人物を育てます。

ヴォーリズ学園とリベラルアーツ教育

ヴォーリズは、母校のコロラドカレッジ(リベラルアーツカレッジの一つ)で自身の教育観と信念を確立しました。その後、自身が作詞した本学園の校歌の中に、リベラルアーツ教育への思いを込めました。また一柳満喜子も生前、本学園の将来構想として「リベラルアーツ教育の完成」を構想していました。教育の三本柱を土台とした学びを通じて人としての成長を目指します。

教育の三本柱

Extension Program
エクステンションプログラム

エクステンションプログラム(教科系)

課後や土曜日、長期休業中に行われるプログラム。教科の基礎復習や発展学習の講座が用意されています。一人で静かに勉強できる自習室や、教え合いながら勉強できる部屋などもあり、自分に合ったスタイルで学習できます。

エクステンションプログラム(教養系)

大学との連携講座、「本物との出会い講座(自分でやりたいプロジェクトに挑戦)」や「創造的おもてなしを学ぶ講座(まちづくりやホテル業について学ぶ)」など、大人の人から学んだり、行動したりする講座です。

エクステンションプログラム(スキル系)

外国人教師との1対1の英会話レッスンやパイプオルガンやソルフェージュといった音楽系の個人レッスンなどが受けられるスキル系エクステンションプログラム。特に英会話レッスンは英検やGTECなど検定試験前を中心に大盛況です。受験対策として小論文指導の講座もあります。

クラブ活動

運動部が18クラブ、文化部が15クラブ、同好会・愛好会が5クラブあり、どのクラブも活発に活動しています。施設面も充実し、各種大会やコンクールで高い成果をあげているクラブも多くあります。クラブ活動で出会った仲間は一生付き合える「同志」となります。どのクラブも日頃の学習との両立を大切にしています。

Core Program
コアプログラム

クラスごとの特徴ある学び

本校では高校生活のスタイルと進路目標で選ぶクラス制度を採用しています。バラエティ豊かな4つのクラスで特色ある学びをすることができます。

  • ◆国際コミュニケーションクラス(ICC)
  • ◆アーツサイエンスクラス(ASC)
  • ◆グローバルクラス(GLC)
  • ◆ヒューマンネイチャークラス(HNC)

総合的な探究の学習

3年間を見通したキャリア教育の総合的な探究の学習「ヴォーリズアワー」では創立者や地域を知る活動を通じて、自分を知り、社会を知って将来への基礎を築きます。納得できる進路選択をするために1年次から学びを積み上げます。

学園祭

本校の学園祭は「虹隣祭(こうりんさい)」。200人規模の団で行う団パフォーマンスが圧巻の体育の部、1年は合唱、2年は演劇、3年は模擬店にクラス単位で取り組む文化の部。6月下旬の2週間は学園中が若い熱気であふれます。

Base Program
ベースプログラム

宗教教育

聖書を教材として「いのちを大切にする教育」を行います。教養と隣人愛にあふれ、道徳心のある人間の育成に欠かせない教育の柱です。

国際人教育

「平和の使者として四海に広く動く人」を育てる教育を行います。海外研修旅行を軸に平和学習と双方向の交流、基盤となる語学力でグローバル社会を担う人間を育成します。

連携教育

キャリアアンカー(時代や環境によって変わらない価値観)を心にしっかり持ち、世の中のために動ける人となる基礎を学びます。

新時代の教育に向けて~SDGs~

2015年9月、国連加盟国は、より良き将来を実現するために今後15年かけて極度の貧困、不平等・不正義をなくし、私たちの地球を守るための計画「アジェンダ2030」を採択しました。この計画が「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)」です。SDGsは、17の目標と169のターゲットに全世界が取り組むことによって『誰も取り残されない』世界を実現しようという壮大なチャレンジです。ヴォーリズ学園は、リベラルアーツ教育でこのチャレンジに参画します。

ページトップへ
学校法人ヴォーリズ学園 近江兄弟社高等学校 EVENT MOVIE
ページトップへ