個人情報保護方針

学校法人ヴォーリズ学園における個人情報の取り扱いに関する指針

学校法人ヴォーリズ学園(以下、本校)における個人情報

この規程において「個人情報」とは、本校に在籍・在職したか、在籍・在籍している、又は在籍、在職しようとしている生徒、児童、園児とその保証人、保護者、家族、親族ならびに役員、教職員に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、住所、電話番号その他の記述及び画像、音声によって特定の個人を識別できるものをいう。

個人情報の取得

  1. 個人情報の取得は、本校の正当な教育事業の範囲内において、利用目的を明確にし、その目的を達成するために必要な範囲内で行うものとする。
  2. 個人情報の取得は、適法かつ公正な手段により行うものとする。
  3. 個人情報を取得する時は、原則として本人が利用目的を確認できるようにするものとする。
  4. 個人情報の本人以外のものからの取得は、本人の権利利益を不当に侵害する恐れがない場合に限るものとする。

個人情報の利用又は提供

  1. 個人情報の利用又は提供は、原則として利用目的の範囲内で行うものとする。
  2. 個人情報の取得は、適法かつ公正な手段により行うものとする。
  3. 個人情報を取得する時は、原則として本人が利用目的を確認できるようにするものとする。
  4. 利用目的の範囲を超えて個人情報を利用し、または提供しようとするときは、本人の同意がある場合または本人の権利利益が不当に侵害される恐れのない場合に限るものとする。

個人情報の適正管理

  1. 個人情報は、利用目的に必要な範囲内で、正確かつ最新なものに保つよう努めるものとする。
  2. 個人情報の取り扱いに当たっては、漏洩、滅失および棄損の防止その他の適切な管理のために必要な措置を講ずるよう努めるものとする。
  3. 保有する必要がなくなった個人情報は、確実に、且つ、速やかに廃棄し、または消去するものとする。
  4. 個人情報の取り扱いを伴う事業を委託するときは、受託者に対して、個人情報の保護のために適切な措置を講ずるよう求めるものとする。

個人情報の開示等

  1. 本人から個人情報について開示を求められた時は、原則としてこれに応ずるものとする。
  2. 本人から自己の個人情報について事実の誤りがあるとして訂正、追加または除却を求められた時は、内容を確認の上、原則としてこれに応ずるものとする。
  3. 本人から自己の個人情報について不適正な取得、利用または提供があるとして利用停止、消去または提供の停止を求められた時は、内容を確認の上、原則としてこれに応ずるものとする。

苦情の処理

個人情報の取り扱いに関する相談窓口を設置し、個人情報の取り扱いについて苦情等があった時は、 適切かつ迅速に処理するものとする。

学校法人ヴォーリズ学園(以下、本校)における個人情報

個人情報の取り扱いについて権限を有する者は、この指針を遵守する責任を負うものとする。

ページトップへ
リオデジャネイロオリンピック銅メダリスト 乾 友紀子氏と校長 藤澤 俊樹の対談リオデジャネイロオリンピック銅メダリスト 乾 友紀子氏と校長 藤澤 俊樹の対談
ページトップへ