image

学校紹介

ヴォーリズ・スピリッツを
今に引き継ぐ

創始者:ウィリアム・メレル・ヴォーリズ、一柳満喜子

ヴォーリズ学園は、
ウィリアム・メレル・ヴォーリズとその妻・一柳満喜子により、1922年に創立されました。
ヴォーリズ夫妻は、建学の精神「イエス・キリストを模範とする人間教育」を掲げ、キリスト教主義の教育を始めました。 また、聖書の言葉から学園訓「地の塩・世の光」を定めました。
その願いは、生徒一人ひとりの存在が家族、友人、社会にとってかけがえのないものであること、
そして学園での学びを通じて「地の塩・世の光」として、
自分のためだけでなく社会や人のために何が出来るかを考え、
奉仕の心と正義感をもって行動できる人間に成長してほしい、というものでした。
この「ヴォーリズ・スピリッツ」を今に引き継ぐのがヴォーリズ学園です。

建学の精神
イエス・キリストを
模範とする人間教育
学園訓
「地の塩・世の光」 Salt of the Earth, Light of the World
教育の三本柱
ページトップへ
リオデジャネイロオリンピック銅メダリスト 乾 友紀子氏と校長 藤澤 俊樹の対談リオデジャネイロオリンピック銅メダリスト 乾 友紀子氏と校長 藤澤 俊樹の対談
ページトップへ