image

グローバルクラスglobal class

地球規模で物事を考え、地域でしっかりと
社会貢献に資する心身ともに健やかな人物を育てます。

高校3年間で確かな基礎学力を身につけ、クラブ活動との両立を目指して努力することを追求する総合進学クラスです。基礎・基本を重視した学びで、実践的な資格をとれる堅実な私立大学、短期大学を目指します。

カリキュラムのダウンロードはこちら

基礎・基本を徹底指導

入学時には中学校での復習を通じて、高校での学習の助走期間を用意しています。2年次以降は、科目数をしぼりこみ、重点指導科目の授業時間(単位)を増やしています。各科目の基礎・基本の内容をじっくり丁寧に指導し、定着をはかります。

自由に選択できる放課後の過ごし方

グローバルクラスは、週31時間が必修です。放課後は、それぞれの目標にあわせて多様な過ごし方ができます。クラブ活動に打ち込む人、学外活動に励む人、さらに学習に力を入れる人、学びなおしに取り組む人、すべての人に対して充実したプログラムを選択できるクラスです。

実践的な外部資格の取得

グローバルクラスは週31時間が必修です。放課後は、それぞれの目標にあわせて、クラブ活動や学外活動に励むことができます。さらに発展学習に力を入れる人、基礎から学び直しに取り組む人のための放課後授業も選択できます。

地域とのつながりを深める存在に

授業や実習を通じて、自分の住む地域や通学している近江八幡について、良い面も課題となっている面も学びます。これからの日本を支えていく人材を育てます。

個々の目標にあわせた進路指導

AO入試、特技入試、公募制推薦入試、指定校推薦入試、一般入試など多様な方式を利用して進路実現を目指します。そのための面接指導や論文指導なども行います。

森地 道之(保健体育科)

グローバルクラスは運動部・文化部に所属している生徒が多いので、学習面において基礎基本をしっかり学べるようサポート体制も充実しています。部活動で仲間との絆を深め、それぞれの個性を磨きながら目標に向かって一致団結し活動しています。また、学園祭やクラスマッチでは一人ひとりが自分の持っている長所を生かし、友人の長所を認め合い仲間と最高の思い出をつくることが出来ます。 私立大学や短期大学を目指す人、部活動を精一杯頑張りたい人、部活動と学習の両立を考えている人等、それぞれの目標達成のためにぜひ近江兄弟社高校グローバルクラスで一緒に学び、充実した高校生活を送りましょう。
▶卒業生
北川 大介
(日野町役場勤務)

image 大学で、「地域の町おこし」について研究していました。人と人との繋がりによって地域がどんどん活性化していくところに魅力を感じ、私も行政という立場で人のために働ける仕事がしたいと思い、今の仕事に就きました。窓口などの対応で、住民の方が疑問や不満を持って来られた際に、納得していただけるように説明し、ありがとうと言っていただけた時が一番嬉しいです。また、地域での仕事は多岐にわたるので、様々なことにアンテナを張り、興味を持つことが大事なのだと、日々感じています。その意味で、高校時代の朝の礼拝などで聞く先生方のお話は、今になってわかることがたくさんあります。迷った時や、悩んだ時に、自分にとってすごく励みになる言葉やお話がたくさんありました。

▶在校生
H.I

私は学校の部活動ではなく外でフィギュアスケートをしています。その中で学校行事と予定が合いにくいという問題が起き悩むことがありました。しかし私は近江兄弟社高校で新しく出会えた周りの友達や先生方の支えがあって続けられています。近江兄弟社高校は、学校の勉強はもちろん、また外で何かやりたいことをできる環境があります。そして学園祭(虹隣祭)ではクラスの人と仲が深められ、学年をこえて沢山の人と関わることができ、とても楽しく良い思い出がつくれます。私は卒業する時に、この学校を選択して良かったと言えるように残りの高校生活を送りたいです。

Close Up
グローバルクラス 1年生校外学習
入学してしばらくして、クラスごとに大阪のエキスポシティに校外学習に出かけます。英語村では海外の場面を英語で実体験し、英語の楽しさを再確認します。英語を使う難しさと同時に楽しさを知り、高校での学習の目標ができます。また隣の水族館では生物たちの生き生きとした姿や、興味深い展示方法を楽しみます。この校外学習で友人との仲もぐっと近づきます。
近江八幡は世界の中心
はヴォーリズが自分の名前を署名した時に必ず記した記号です。 ヴォーリズは、神さまから導かれてたどり着いた近江八幡を「世界の中心」と考えました。ヴォーリズのユーモア溢れるサインですが、彼の働きは、のちに近江八幡市名誉市民の称号を賜るほど評価されました。グローバルクラスの生徒には、ヴォーリズのように「Think Globally, Act Locally」を体現し、地域で隣人愛を実践する社会人に育ってほしいと願っています。
ページトップへ
リオデジャネイロオリンピック銅メダリスト 乾 友紀子氏と校長 藤澤 俊樹の対談リオデジャネイロオリンピック銅メダリスト 乾 友紀子氏と校長 藤澤 俊樹の対談
ページトップへ