ヴォーリズエデュケア事業の(こどもセンター)めざすもの

ヴォーリズ夫妻(一柳米来留・満喜子)は、日本の教育をドイツ型のシステム(こどもを一括して単一的に発達させようとする方法)から、もっと直接的な方法で個性と才能を生み出そうと考えていました。そういう思いで開設した清友園幼稚園には、大きな積木部屋があり、こどもが時間を忘れて等身大の積み木を組み立てることができました。それは「ママゴト遊び」ではなく、「設計」の学びであり、「技術」の習得の時間でもありました。

ヴォーリズ自身が幼年期にその様な環境を与えられて、建築に興味を持ち、後に大建築家になりました。「メレルが最初に作った小さな二階建ハウスに猫を入れたら、猫は階段を使わず一気に飛び降りた」「小学生のときには近くの建築現場に入りびたりで、階段の寸法が間違っていると指摘して大工さんを驚かせた」などと、満喜子夫人はよく話されました。わたしたちも出来ればそのような大きな空間・時間をこどもたちに与えたいと思います。ヴォーリズらのキリスト教伝道結社「近江ミッション」は今から約100年前、社の空き地にプレイグラウンド(遊び場)を設けました。社員のボランティアによる本の読み聞かせや柔道指導などに100人以上の児童が参加したそうです。ヴォーリズの結婚を機に、満喜子夫人が園長になり、1922年幼稚園を開設します。

創立者 ウィリアム・メレル・ヴォーリズ、一柳満喜子 大きな積木部屋

1931年には町の東はずれに大きな土地と立派な園舎(現ハイド記念館・教育会館、登録文化財)が与えられ、これが近江兄弟社学園(2015年にヴォーリズ学園と改名)の発展の基礎となります。

ヴォーリズ夫妻はじめ「近江の兄弟ら」が神のため、人のため、町のため、国のために、産業を興し、教育・福祉に尽くしたように、わたしたちも全力をあげて「子ども・子育て支援」に取り組み、近江八幡市を中心に守山市から東近江市にこども園・保育園・放課後児童クラブを展開します。

ハイド館・教育会館

学園訓 地の塩・世の光

いのちと平和を大切にする教育

日々の礼拝や生活を通して、ともに生きることを学びます。「地の塩・世の光」となるこどもたちを育てます。

かけがえのない賜物を伸ばす教育

神様から与えられた賜物を生かせるように、一人ひとりのこころに寄り添い個性を伸ばします。

ページトップへ

センター概要