ごあいさつ

ヴォーリズ・エデュケアセンター長安川 千穂

1917年、近江ミッション(現近江兄弟社)における最初の保育・教育事業として「プレイグラウンド」が開設され、本年100年目を迎えました。「プレイグラウンド」というちいさな子どもの施設の中に幼稚園が生まれ、100年を経て、保育園、放課後児童クラブ、認定こども園と枝葉を伸ばし今日に至ります。社会情勢、生活様式、物事に対する価値観はその時代により大きく変化を遂げつつも、創立者が志した理念は私たちこどもセンターの土台として今も深く根ざしています。「子どもの成長に対する責任は、親や園や教師たちのみでなく、社会人全部が負わねばならのことであります。私たち社会人は子どものよい生い立ちを助ける責任があります」という創立者のことばは、経済格差がより鮮明になり、生活困窮家庭が増加するなど、混沌とした現在社会の中で育つ子ども達の育ちをいかに支えるかという指標となります。子ども達を取り巻く直接的な環境である家庭を、保育園・こども園・学童保育の運営を通して支える事が、私たちの使命であり、社会への貢献であります。ヴォーリズ・エデュケアセンターの目的は、「乳児期から学童期までの子ども達が学び育ち合いながら安心して過ごせる居場所づくり」であります。柔軟かつ多様性を持ちグローバルな視点で社会のニーズに応えながら「子どもの育ちを支える事業の展開」を目指します。ヴォーリズ・エデュケアセンターは、これらの事業を維持発展させるため以下の3部門に分かれ、それぞれの事業部門で連携し進んで参ります。

  • 近江八幡事業部[ヴォーリズ・エデュケアセンター本部、近江兄弟社ひかり園、金田東保育園・分園]
  • 安土能登川事業部[そらの鳥こども園、安土保育園(幼児棟)・分園(乳児棟)、安土学童ひまわりクラブ]
  • 守山事業部[もりの風こども園、ヴォーリズふるたか保育園(仮称)保育園(2019.4~)、物部児童クラブ室、小津児童クラブ室、玉津児童クラブ室]

沿革

1905 ヴォーリズ、英語教師として来日
1917 近江ミッション所有地を開放してプレイグラウンド(今の放課後児童クラブ)とする
1919 ヴォーリズ、一柳満喜子と結婚
1920 プレイグラウンドに清友園と名付け、ヴォーリズ満喜子が園長となる
1922 清友園幼稚園、滋賀県より認可される。園長・ヴォーリズ満喜子
1931 ハイド一家の寄付により市井町に幼稚園舎(現ハイド記念館)、体育館(現教育会館)建設
~その後、各地に教育・保育事業を展開~(後に多くは地域の方々に運営を託す)
1951 清友園幼稚園を近江兄弟社幼稚園に改称
2003 多賀町に幼稚園舎を新築、移転。こどもセンターを発足し、保育事業の積極的展開を開始
2004 認可外保育施設エンジェル保育園開園
2007 エンジェル保育園を認可保育所星のひかり保育園として認可化
2008 金田東保育園、公立園民営化による運営開始
2010 安土保育園、公立園民営化による運営開始
安土こどもの家指定管理による運営開始
2011 もりの風こども園開園
2013 近江兄弟社幼稚園と星のひかり保育園を一体化し、認定こども園近江兄弟社ひかり園とする
金田東保育園分園開園
守山市内児童クラブ室(3か所)指定管理による運営開始
2014 安土保育園分園開園
2015 学校法人ヴォーリズ学園に法人名変更
2017 東近江市に認定こども園 そらの鳥こども園開園
2018 ヴォーリズ・エデュケアセンターに改名。
2019 守山市に認可保育所ヴォーリズふるたか保育園開園(仮)
ページトップへ

センター概要