ごあいさつ

学校法人ヴォーリズ学園理事長
近江兄弟社こどもセンター長
池田健夫

ヴォーリズらのキリスト教伝道結社「近江ミッション」は今から約100年前、社の空き地にプレイグラウンド(遊び場)を設けました。社員のボランティアによる本の読み聞かせや柔道指導などに100人以上の児童が参加したそうです。

ヴォーリズの結婚を機に、満喜子夫人が園長になり、1922年幼稚園を開設します。1931年には町の東はずれに大きな土地と立派な園舎(現ハイド記念館・教育会館、登録文化財)が与えられ、これが近江兄弟社学園(2015年にヴォーリズ学園と改名)の発展の基礎となります。

ヴォーリズ夫妻はじめ「近江の兄弟ら」が神のため、人のため、町のため、国のために、産業を興し、教育・福祉に尽くしたように、わたしたちも全力をあげて「子ども・子育て支援」に取り組み、近江八幡市を中心に守山市から東近江市にこども園・保育園・放課後児童クラブを展開します。

沿革

1905 ヴォーリズ、英語教師として来日
1917 近江ミッション所有地を開放してプレイグラウンド(今の放課後児童クラブ)とする
1919 ヴォーリズ、一柳満喜子と結婚
1920 プレイグラウンドに清友園と名付け、ヴォーリズ満喜子が園長となる
1922 清友園幼稚園、滋賀県より認可される。園長・ヴォーリズ満喜子
1931 ハイド一家の寄付により市井町に幼稚園舎(現ハイド記念館)、体育館(現教育会館)建設
~その後、各地に教育・保育事業を展開~(後に多くは地域の方々に運営を託す)
1951 清友園幼稚園を近江兄弟社幼稚園に改称
2003 多賀町に幼稚園舎を新築、移転。こどもセンターを発足し、保育事業の積極的展開を開始
2004 認可外保育施設エンジェル保育園開園
2007 エンジェル保育園を認可保育所星のひかり保育園として認可化
2008 金田東保育園、公立園民営化による運営開始
2010 安土保育園、公立園民営化による運営開始
安土こどもの家指定管理による運営開始
2011 もりの風こども園開園
2013 近江兄弟社幼稚園と星のひかり保育園を一体化し、認定こども園近江兄弟社ひかり園とする
金田東保育園分園開園
守山市内児童クラブ室(3か所)指定管理による運営開始
2014 安土保育園分園開園
2015 学校法人ヴォーリズ学園に法人名変更
2017 東近江市に認定こども園そらの鳥こども園開園予定
ページトップへ

センター概要