学校法人ヴォーリズ学園 近江兄弟社中学校 EVENT MOVIE
image

自主活動

Voluntary Activities

考える力と行動する力を培う学びの場

生徒生徒による
生徒のための自治活動

生徒会長のあいさつ
生徒会長T.F(桐原東小学校出身)

私たち生徒会は生徒自身が主体となって活動を行っています。体育祭や文化祭などの学校行事の運営、委員会活動の中心になって活動しています。また、みなさんの学校生活をよりよい時間にするため、いじめ問題や校則の見直しなど、生徒全員のことを思い全力を尽くしてサポートをしています。もちろん、生徒会役員だけで良い学校をつくるのではありません。全校生徒が生徒会員です。みなさんも近江兄弟社中学校に入学して私たちと一緒に楽しい学校生活を送りましょう。

体育祭

運営から企画まで生徒主体で取り組みます

体育祭は計画から運営まで生徒が主体となって取り組んでいます。体育祭実行委員が軸となり、当日まで試行錯誤しながら進めていきます。見どころは“団パフォーマンス”で、3年生が全体の構成、選曲、練習方法をクラスで考え、後輩たちに指導していく“縦割り活動”も実施しています。聖書の中に出てくる4つの動物(鷲・鹿・鯨・獅子)をモチーフにして全学年が一体となって体育祭を作っていきます。

文化祭

クラスの団結力が一層強まる文化祭ウィーク

近江兄弟社中学校の伝統的な行事の一つに文化祭があります。生徒会や実行委員が中心となり、生徒たちの力で企画・運営をしていきます。発表する内容は、クラスごとに行う合唱(課題曲・自由曲)と演劇です。例年9月中旬に本番を迎えるのですが、取り組みは夏休み前から始まります。また、文化祭の1週間前を“文化祭ウィーク”として、準備・活動期間にあてます。合唱の自由曲の選定、演劇の脚本の選定をクラスの中で討議して決定することや、クラスで取り組む合唱・演劇がよりよいものに仕上がるよう生徒たち自身が考えて行動することなど、準備期間も生徒たちが主体となって活動します。

生徒総会

生徒全体で学校のことを決めて行こう!

生徒総会は全て生徒自身が進行をして、生徒会役員や各委員長を中心に行われる行事です。年間の生徒会行事・各委員会の目標や活動内容がわかる行事でもあります。

生徒会が取材・編集までしています

生徒会広報誌『FUTURE』

生徒会広報誌『FUTURE』作成のために著名人の方にインタビューを行います。授業では知ることができない話を聞いたり、教養を広げるために質問をしたりします。

VOICE

体育祭実行委員長I.W(金田小学校出身)

体育祭は、すごく盛り上がる学校行事の1つです。その中でも団パフォーマンスは迫力満点です。小学校のダンスとは違い、上級生が主体となって振り付けを考え、短い練習時間の中で下級生に伝えて1つのパフォーマンスを完成させます。その他にも様々な種目があり、1人1人が輝けるようになっています。体育祭はクラスの団結を高めるということに関して、とてもよい行事です。

文化祭実行委員長H.I(城陽小学校出身)

文化祭は、近江兄弟社中学生にとって一生の思い出に残る大きな行事だと思います。1つのクラスが1つの輪になり1つの物語を作っていく。それが近江兄弟社中学校の文化祭です。約2週間で1人1人が協力し合い完成していく合唱と演劇は、今まで味わうことのできなかった感動を体験できます。また、文化祭では1人1人の大切さや団結力を学ぶことができます。青春の1ページを飾るのにもってこいの行事だと私は思います。

ページトップへ
学校法人ヴォーリズ学園 近江兄弟社中学校 EVENT MOVIE
ページトップへ