image

学校行事

限られた3年間、
限りのない思い出を詰め込もう

「ひとりよりもふたりが良い。共に労苦すれば、その報いは良い。倒れれば、ひとりがその友を助け起こす。」
コヘレトの言葉 4章 9節-10節

年間スケジュール

4月
  • 入学式
  • オリエンテーション合宿(1年生)
  • 前期生徒総会
5月
  • 体育祭
  • 春季総体
6月
  • 花の日礼拝
  • 第1回定期考査
  • 授業参観
7月
  • 英語暗唱大会
  • 第2回定期考査
  • 平和礼拝
  • 夏季総体
  • 保護者面談・家庭訪問
8月
  • 夏期学習会
  • 演劇教室
9月
  • 文化祭
10月
  • 第3回定期考査
  • 秋季総体
  • 成績面談
11月
  • ヴォーリズデー
  • 後期生徒総会
  • 生徒会立会演説会
  • 授業参観
  • 第4回定期考査
12月
  • クリスマス・ページェント
  • クリスマス・讃美礼拝
1月
  • 中学入試
2月
  • スキー合宿(1年生)
  • 沖縄研修旅行(2年生)
  • 第5回定期考査(3年生)
3月
  • 第5回定期考査(1・2年生)
  • 3年生を送る会
  • 卒業式

文化祭の取り組み

近江兄弟社中学校の伝統的な行事の一つに文化祭があります。生徒会や実行委員が中心となり、生徒たちの力で企画・運営をしていきます。発表する内容は、クラスごとに行う合唱(課題曲・自由曲)と演劇です。例年9月中旬に本番を迎えるのですが、取り組みは夏休み前から始まります。また、文化祭の1週間前を“文化祭ウィーク”として、準備・活動期間にあてます。合唱の自由曲の選定、演劇の脚本の選定をクラスの中で討議して決定することや、クラスで取り組む合唱・演劇がよりよいものに仕上がるよう生徒たち自身が考えて行動することなど、準備期間も生徒たちが主体となって活動します。本番は緊張感に包まれた礼拝堂の中で、精一杯の合唱や演劇をする姿を見ることができ、発表者も観客も感動でいっぱいになります。文化祭が終わったら自然とクラスの絆が深まり、生徒たち一人ひとりの成長が実感できます。

文化祭の取り組み

在学生の声

私が文化祭実行委員長を経験して学んだことは『協力することの大切さ』です。これまでも感じたことがあったことなのですが、より明確に感じることができました。文化祭は近江兄弟社中学校での最大の行事ということもあり、文化祭の準備など大変なことが多かったのですが、学年・クラス・たて割り団など、さまざまな人達と協力をすることによってとても充実した時間となりました。また、協力をしたからこそ終わったときの達成感はとても大きなものとなりました。2016年度の文化祭のスローガン『煌』は、文化祭を通して1人1人の個性がきらめくように、という願いから掲げました。そのスローガン通り、生徒1人1人の個性が舞台上で最大限きらめいた文化祭になり、最高の思い出になりました。このように、文化祭実行委員長を務めて貴重な経験をさせてもらいました。この経験は、高校・大学・社会人になっても私の糧になると確信しています。文化祭実行委員長をやりきったことに満足していますし、この環境を与えてくださった学園にも感謝をしています。 M.Y

体育祭の取り組み

体育祭は計画から運営まで生徒が主体となって取り組んでいます。体育祭実行委員が軸となり、当日まで試行錯誤しながら進めていきます。見どころは“団パフォーマンス”で、3年生が全体の構成、選曲、練習方法をクラスで考え、後輩たちに指導していく“縦割り活動”も実施しています。聖書の中に出てくる5つの動物(鷲・鹿・鯨・牛・獅子)をモチーフにして全学年が一体となって体育祭を作っていきます。

体育祭の取り組み
体育祭の取り組み

在学生の声

体育祭実行委員長をして、様々な経験ができました。みんなをまとめる難しさだったり、みんなが楽しめる体育祭にするためには、どういうことをすればいいのか、などいろんなことを考え、試行錯誤しながらでも成功することが経験ができた役職でした。体育祭実行委員長はとても大変な仕事でしたが、達成した時の喜びは一生忘れられないものでした。近江兄弟社中学校の体育祭は僕の最高の思い出です。 R.K
ページトップへ
ページトップへ