学校法人ヴォーリズ学園 近江兄弟社中学校 EVENT MOVIE
image

人間教育

聖書の言葉、キリスト教思想を知り、人間としての成熟を手に入れる

キリスト教・聖書・ヴォーリズ精神

ヴォーリズ学園の始まりは、ヴォーリズが近江八幡の自室を開放して始めたバイブルクラスとそこに集った生徒たちとの学びです。バイブルクラスは、聖書の学びを基礎として、「どのように生きるのか」「どのような倫理観をもつべきか」「社会に対して何ができるのか」ということを学ぶ場でした。近江兄弟社中学校は、創立以来、礼拝、聖書の授業、社会への奉仕の3つの柱で人間教育を進めてきました。ヴォーリズが作詞した本校の校歌には、「青年期の始まりをここ近江兄弟社中学校で過ごす中で、永遠の真理を身につけさせてください」という神への祈りが込められています。中学生としての時間、青年期の始まりを過ごす空間、多くの出会いと学びの中で、豊かな人間性、永遠の真理を育む時間を過ごしてください。

クリスマス礼拝

近江兄弟社中学校のクリスマス礼拝は、12月にヴォーリズ平和礼拝堂で行います。 2部構成になっており、午前はページェント、午後は讃美礼拝という形で礼拝を守ります。午前のページェントは、イエス・キリストの降誕物語を舞台で作り上げるものであり、100名を超える生徒が6つの役割を担い、一つの舞台を創り上げます。午後の讃美礼拝では、クリスマスメッセージと全校生徒によるハレルヤ合唱の讃美でクリスマスを祝います。

イメージ
ページェント

聖書

週に1回、聖書の授業があります。聖書という古典に触れ、信仰の対象としての聖書という理解だけではなく、西洋文化・芸術の根底となる聖書、思想や倫理観の基礎となった聖書など、様々な観点で聖書という書物を読み込んでいきます。3年生では、卒業レポートとして、テーマを設定し、聖書の言葉を参考として、自らの考えを2000字程度のレポートにまとめ、発表する機会を持ちます。

礼拝

近江兄弟社中学校での生活は毎朝の礼拝から始まります。生徒たちは、礼拝の中で自らの考えを語る機会を持ちます。自ら語る機会、同級生や先輩の語る言葉を聞く機会は、将来のための学びの意義を発見する機会であり、中学校でのすべての学びの基盤となる時間が日々の礼拝です。

クラス礼拝<クラス礼拝

地の塩・世の光

近江兄弟社中学校での学びは、机上での学びだけとは限りません。学校行事や生徒会活動に加え、ボランティア活動を準備しています。実際に社会に出て、自らに与えられている賜物を生かす機会が地の塩・世の光の活動です。地域や社会に貢献する志をもって活動したヴォーリズの意志を受け継ぎ、自らの能力や賜物を他者のために用いる生き方を模索します。

あいりん地区での炊き出しあいりん地区での炊き出し

VOICE

近江兄弟社中学校には、自分の力を試す機会が多くあります。ページェントもその中の一つです。聖歌隊や演技者などを募り、イエス・キリストの生誕劇を作り上げます。私は歌を歌うことが好きなので、3年間聖歌隊としてページェントに参加しました。礼拝堂での響き、綺麗にハモることができて、歌っていて本当に気持ちが良かったです。ここでしか出来ない良い経験ができたと思います。また3年生になって、憧れていた独唱をしました。独唱するのは初めてで、練習の時でさえとても緊張しました。しかし、歌い終わった後、ものすごく達成感を感じることができました。自分に対する自信、成長できたという実感をもつことができました。このように、近江兄弟社中学校には自らが希望し、自分の力を試す機会が多くあります。皆さんも、多くの機会を与えてくれる近江兄弟社中学校で、新しいことを経験してみませんか。 Y.U

この学校には、他のどの学校にもない特徴がたくさんあります。黙とうから始まり黙とうで終わる授業、花の日礼拝や平和礼拝、クリスマス礼拝などの特別礼拝、聖書の授業を通して「考える力」を身につけることなど、近江兄弟社中学校でしか体験することができない生活がたくさんあります。特に印象的なのが「なぜ聖書の言葉には“はっきり言っておく”とあるのに複雑な言い回しをするのか。」「学園訓である“地の塩・世の光”とはどのような意味なのか」など、自らが考える時間が増えたということです。その他にも「隣人愛」や「三段論法」などを学ぶ機会があった聖書の科目の時間は、私にとって特別なものでした。またこの学校には、頼れる先生、気の合う友達に囲まれて、きれいな教室で学ぶことができる場所だと私は思います。こんなに恵まれた生活を過ごすことができて嬉しく思います。みなさんもぜひ、この学校で学んで「考える力」をつけてください。 Y.U

ページトップへ
学校法人ヴォーリズ学園 近江兄弟社中学校 EVENT MOVIE
ページトップへ