学校法人ヴォーリズ学園 近江兄弟社中学校 EVENT MOVIE
image

教科の学び

学びたい気持ちを大切にする学習サポート

各定期考査1週間前には、5教科(国語・数学・英語・理科・社会)について、基礎学習の徹底が必要な生徒を対象に、補習を実施しています。質問をしやすいように20名弱の少人数による授業です。補習以外にも、自主参加の放課後自習会の実施や、質問にいつでも答えられるように教師が待機するなど、テスト前のフォロー体制の充実を図っています。

image
①名前 ②趣味 ③好きな食べ物

国語、日本語、国語演習(3年生のみ)の3科目に分けて授業を展開しています。

「国語」という大きな科目を「国語」「日本語」「国語演習(3年生のみ)」3種類の授業に分けて展開しています。「国語」は読解力を高めることを目的とし、教科書を中心に授業を行います。毎時間、漢字小テストを行い、語彙力の伸長をはかっています。「日本語」は口語文法や漢字の成り立ち、硬筆書写など幅広く学習します。「国語演習」は習熟度別クラスで授業を行い、「正しく読めば、必ず答えは導ける」をテーマに読解力を養います。

teacher

image

短歌や俳句の作成、スピーチなども授業で行います。
①大橋 理恵
②沖縄旅行
③うどん

小テストなどで定着を確認しながら授業を展開しています。

小学校の算数から数学に変わり、なぜこうなるのか?という答えが出るまでの途中の考えを大切にしています。「どうして?」「そうか!」を大切にしながら、どのように考えを進めていったのかを式や文章で、順序立てて表せるように学習していきます。生徒同士で考え、教え合う「グループ学習」や、小テスト等を活用し、定着を自分で確認しつつ、演習の時間を設けて、一人ひとりの学びを大切にしています。

teacher

image

一人ひとりが自ら考える演習の時間を大切にしています。
①鈴木 迪世
②旅行
③佃煮

「地理」「歴史」「公民」の分野を、タブレットなどのICT機器を利用して授業を展開しています。

地理分野では、地図、グラフや資料の読み取りを積極的に行っています。歴史分野では、デジタル教材やDVDなどを使用し、様々な視点からイメージを深められるような学習をしています。公民分野では、他者と意見を共有し合う活動を取り入れ、社会に対して幅のある人間を育成するように取り組んでいます。夏休みには、学習会で発展的な内容を学んだり、フィールドワークなど校外学習で視野を広げます。

teacher

image

グループ活動やクラス内での交流を大切に、授業を行っています。
①駒田 淑久
②野球観戦
③ハンバーグ

基礎内容を大事に、ポイントを整理した授業を展開しています。

目的意識をもって多くの観察・実験に取り組み、「観る」・「知る」を科学的にとらえる学びを実践しています。しかし、観察や実験には失敗がつきものです。失敗から学び、工夫し「考える力」をつけることや班活動を通して、仲間とわからなかったことがわかる喜びを分かち合うことから、「学ぶ」楽しさを体験できる機会を大切に授業に取り組んでいます。さらに、単元毎の問題演習で基礎学力を身につけ、入試問題演習などで実践力を養います。

teacher

image

観察・実験の授業は複数の教員で担当し、サポート体制を強化しています。
①米田 直子
②読書
③豆大福

英語を学び、使う活動をたくさん取り入れて、視覚的に分かりやすくイメージしやすいような授業を展開しています。

英語を「ECⅠ」「ECⅡ」に分けて学習します。「ECⅠ」では教科書を使いながら言語活動を中心にします。読む、書く、聞く、話す、の英語の4技能を混ぜながら、基礎事項がしっかり定着するまで練習をします。まだ本格的に英語を学習していない人も基礎から丁寧に授業を進めていくので楽しみながら学べます。クラスメートとの学び合いを通じて英語力と共にコミュニケーション力を育成します。「ECⅡ」ではネイティブスピーカーと日本人英語教師によるTT(Team Teaching)を行っています。授業はハーフサイズクラスで行われます。個人、ペア、グループなど様々な形での活動があります。ターム毎に発表があり、英語で話し合ったり、文章を書いたりしながら発表に向けての作業を進めます。2人の先生が対応するので安心して英語を使うことができます。

teacher

image

デジタル教科書や、パワーポイントなどを使ってイメージしやすいように工夫をしています。
①上村 朝日
②テニス
③りんご

ページトップへ
学校法人ヴォーリズ学園 近江兄弟社中学校 EVENT MOVIE
ページトップへ