学校法人ヴォーリズ学園 近江兄弟社中学校 EVENT MOVIE
image

教科の学び

徹底した基礎学力の定着から思考力・判断力・表現力アップをめざします。

国語、日本語、国語演習(3年生のみ)の3科目に分けて授業を展開しています。

「国語」は読解力を高めることを目的にし、教科書を中心に授業を行います。毎時間、漢字小テストから授業を始め、語彙力の伸長をはかっています。また、聞く力を中心に思考力を高めます。電子辞書を使って語彙力をつけたり、スピーチで書く力から話す力をつけていくことなどにも取り組みます。

「日本語」では、口語文法を中心に正しい日本語を養います。また、漢字の成り立ちや熟語の構成などの漢字の学習や硬筆書写なども日本語の時間に行います。

「国語演習(3年生のみ)」では、習熟度別クラスで演習の授業をします。「正しく読めば、必ず答えは導ける」をテーマに読解力を養います。国語が得意な人はさらに力を伸ばし、苦手な人もコツをつかめるように導きます。

小テストなどで定着を確認しながら授業を展開しています。

グループワークやICTも織り交ぜながら、様々な方向から考えるきっかけ作りをしています。

「数学演習(3年生のみ)では、習熟度別授業を行い、それぞれの力にあった学習に取り組む時間としています。。

数学検定3級取得を目標に、夏期学習会などで対策講座を実施しています。準2級以上に挑戦する生徒もいます。

「地理」「歴史」「公民」の分野を、タブレットなどのICT機器を利用して授業を展開しています。

地理的分野では、地図、グラフや資料の読み取りを積極的に行い、そこから分かることを的確に表現できるように取り組んでいます。

歴史的分野では、デジタル教材やDVDなどを使いながら、映像をみることによってさまざまな視点からイメージを深められるように取り組んでいます。

公民的分野では、現在のできごとをテーマにした授業を積極的に行い、他者と意見を共有し合う活動によって、社会に対して幅のある人間を育成します。

夏休みには、学習会で発展的な内容を学んだり、フィールドワークを行います。

基礎内容を大事に、ポイントを整理した授業を展開しています。

観察・実験を通して、日常の現象との関連や発展的内容の理解につなげます。

単元ごとの問題演習で基礎学力を身につけ、入試問題などの実践力も養います。

充実した設備・器具でさまざまな観察・実験を行います。

観察・実験の授業は複数の教員で担当し、サポート体制も強化しています。

本校では英語をEC※と呼んでいます。授業は基本的に英語で行われます。デジタル教科書や、大型モニター、パワーポイントを利用して効率よく生徒の積極的な活動を促します。

ECⅠでは教科書を使いながら教え込む授業ではなく、生徒の活動を中心にした授業を展開しています。クラスメートとの学びあいを通じて英語力とともにコミュニケーション能力を育成します。

CⅡではネイティヴスピーカーと日本人によるTT (Team Teaching)を行っています。ハーフサイズクラスで行われ1・3年生は週1回・2年生は週2回、ネイティヴスピーカーの英語を聞いたり英語で話したりすることで実用的な英語力の向上を図ります。また、職員室にネイティヴスピーカーが常駐しているのでいつでも英会話をすることができます。

1年間に3回の英検受験の機会やGTECの受験など外部機関を活用して自身の英語力の伸長を図ります。英検は卒業までに3級取得を目指しますが、準2級や2級を取得する生徒もいます。

ページトップへ
学校法人ヴォーリズ学園 近江兄弟社中学校 EVENT MOVIE
ページトップへ