ごあいさつ

理事長あいさつ

学園改革を進め、明るい未来を産み出そう

本年は「学園改革案」を決定し、一歩進める年です。

学園の根本的な改革はおよそ30年にわたって進めて来た「宗教教育の改革」です。建学の根本精神であるところのキリスト教主義は、一柳満喜子先生の「伝道機関としての教育奉仕」という強い信念に発しています。その精神を受け継ぎ、学園訓を「地の塩・世の光」と定め、教育の根底にすえてまいりました。

一方、世界が宗教で紛争する20世紀、テロが頻発する21世紀に、「他宗教を認めない」ということでは、人類は滅亡するほかありません。そのことに気づき、憂慮した宗教者が、1986年10月、イタリアのアッシジに結集し「世界宗教者平和祈願の集い」を開きました。それからちょうど30年、学園では本年も「ヴォーリズ生誕記念いのちと平和の集い」(10月28日、午後5時30分開会)を開催いたします。本年は第10回という節目の年でありますので、比叡山延暦寺執行(しぎょう)小堀光實師をお招きし、仏教・神道・キリスト教など多様な宗教の方々にお集まりいただきたいと思います。学園関係者の皆様にはお誘い合わせの上ご参加ください。

つぎに今般の学園改革の中心課題は、40年以上も前から理事会が主張して来た「各校園の自立経営」です。また「高等学校の充実」は待ったなしの課題です。近年ようやくプレハブ校舎を解消しましたが、体育館は狭く老朽化しておりますので、本年度中に新体育館を建設、来年度以降、現体育館を改修し、両館合わせて「ヴォーリズ記念アリーナ」といたします。

教育・経営の根本理念を整えて、施設整備を進め、ヴォーリズ学園らしい特色ある教育を構築してまいります。滋賀県でも少子高齢化・地方衰退の状況をひしひしと感じますが、ヴォーリズ学園ががんばることで近江八幡が活性化することを願っております。

理事長 池田健夫
ページトップへ