第5次グランドデザイン

2002年に「近江兄弟社学園21世紀グランドデザイン」を提起して以来、「第4次グランドデザイン」まで進めました。今般、法人名変更に伴い「ヴォーリズ学園第5次グランドデザイン」に進めます。

教育改革

高等学校はグローバル化に対応すべく、海外大学への進学、帰国子女の受け入れ、英語教育の充実、国際バカロレア機構への参加、留学生の送り出し・受け入れ、寮の設置等の施策を具体化します。クラス制を再編し、医療系・看護系・芸術系等具体的な進路目標を持たせます。コアカリキュラムでしっかり基礎学力を固め、エクステンションカリキュラム(エクステンションセンター)で「発展的な学習」「自学自習」「共に学ぶ」環境を整備します。

中学校は高等学校の改革に準じ、高・小との連携を計りつつ、学力・体育・徳育・自主活動および落ち着いた学習環境の総合力で全国一流を目指します。 小学校は自然環境に恵まれた新キャンパスを活かしたのびのび教育、異学年ホーム制の創造的展開および基礎学力の定着を目指します。

こども園・保育園はすべてのこどもに同質の教育を保障する「子ども子育て支援新制度」の趣旨にのっとり創造的に推進します。感謝の心を育てます。2017年4月、東近江市に認定こども園「そらの鳥こども園」を開設します。

法人改革:教育事業を支え、経営方針を明らかにし、公共的サービス業として親切・公正・組織的な業務遂行に努めます。

施設整備

2015年 金田東保育園駐車場・園庭造成(西庄)。新体育館隣接地購入。弓道練習場移設。陸上競技練習場造成、テニスコート移設(北之庄校地)。「『近江の兄弟』教育事業110年史」編纂開始。

2016年 新体育館建設。現体育館を改修してサブアリーナと位置付ける。東近江市種に認定こども園建設。

2017年以降 旧小学校舎ダビデ館・グロリア館改築。「高等学校南館」とし、クラス再編、グローバル化対応、中高定員増を計る。一連の工事終了後、グラウンド改修。

第5次グランドデザイン構想図

市井校地構想図
北之庄校地配置図
浅小井配置図
ページトップへ