学園の教育

建学の精神

「イエス・キリストを模範とする人間教育」

学園訓

「地の塩・世の光」

学園訓「地の塩・世の光」はイエス・キリストの教えです。「塩」も「光」も私たちの「いのち」にとってなくてはならないものです。 「塩」は自分を溶かして他によき味付けをし、腐敗を防ぎます。 「光」は「一本のローソクの灯火」にたとえられ、自分を消耗させながら暗闇を照らし、周囲に温かさと明るさを与えます。

私たちは、家族にとっても友人にとってもかけがえのない大切な人間です。 人間一人ひとりの存在は社会にとってもかけがえのないものです。 私たちは、地の塩、世の光として、自分のためだけでなく社会や人のために何が出来るかを考え、奉仕の心と正義感をもって行動することを目指します。 それが「いのち」を輝かす生き方だと考えています。

教育目標

幼小

よく見る目、
よく聞く耳、
よく考える頭、
よく働く手足、を育成する。
To develop keen eyesight,
Well-trained ears,
Ability to think,
Coordination of body,mind and spirit.

中高

自己統制力のある自由人の教育
独立自主、創造力に富む人の教育
愛と信仰をもった
知性豊かな国際人の教育
Self-mastery for free manhood,
Originality and Creativeness for self-reliance.
Intelligent and International mind with love
and faith in God, our Creator.

SCHOOL SONG

1.
Here, in the spring time of our youth,
Let us pursue eternal truth;
The life of peace and brotherhood
In love of neighbors and of God.

われら若き日に
わけゆく正道
神と人との愛
平和と協力 

2.
Here, let us train our hands and hearts
In beautiful and useful arts;
Christ as our model and our goal,
True health of body, mind and soul.

全き人イエスの
御跡をふみつつ
美と能力との業
身とたまとを磨かん

ページトップへ